心に残る歌

先日従兄の招待で、久々に父の兄嫁に当たる

伯母と一緒にフレンチを食べに行きました。

その時の伯母はとても綺麗で、お嫁さんに

甲斐甲斐しく介護をしてもらって、ニコニコ

しながら食事をしていました。食欲もあり

血色もよくとても元気な伯母の姿は、その場

に招かれた誰の目にも喜ばしい光景でした。

 

それなのに・・・

 

それから一週間後、伯母は末期がんで余命数ヶ月の宣告を受けました。

 

音楽の道を選んで家を出た長男の作曲した『いくたびの櫻』は

今有線ランキングで連続11週ベスト10入りをしています。

桜の季節でもあるので、BGMでもよく耳にします。

 

家業を継いだ次男夫婦が、癌の告知をされる前に伯母をカラオケに

連れて行き、その次男が伯母に何度もこの『いくたびの櫻』を

歌って聞かせたそうです。(ノ_・。)

それを伯母は嬉しそうに聞いていたそうです。

 

この話を聞いて、私は胸が詰まりました。

今までのことが、走馬灯のように甦りました。

 

『いくたびの櫻』

それは誰よりも・・・

作曲した従兄の家族にとって・・・

心に残る一曲になることでしょう。。。